fc2ブログ

ホンジュラス/ロス オコティージョス農園

ホンジュラス/ロス オコティージョス農園
【楽天】自家焙煎 珈琲工房ひぐち

ホンジュラス COE2017 ロス・オコティージョス(珈琲工房ひぐち) ホンジュラス COE2017 ロス・オコティージョス(珈琲工房ひぐち)2

自己評価
苦味
★☆☆☆☆
酸味
★★★★☆
コク
★★★★☆
甘味 
★★★☆☆
香り
★★★☆☆
(コーヒーの味はお使いの器具や抽出方法で変化することがあります。また味覚には個人差があります。)


テイスト
 今回紹介するのはホンジュラスのロス・オコティージョス農園(自家焙煎 珈琲工房ひぐちの「特薦珈琲セット」2018年8月分より)です。豆の品種はレンピラ、焙煎はシティロースト、カップ オブ エクセレンス2017を受賞しています。

 ロス・オコティージョス農園は、ホンジュラスの中東部インティブカ県マサグアラ市のポッソ ネグロ村にあり、品種レンピラは、カトゥーラ(アラビカ種)とハイブリッドティモールを(ロブスタ種)を掛け合わせた新しい品種だそうで、自分も今回初めて飲むことになりました。

・初見の感想
 はじめは中挽き、88℃で淹れてみました。

 豆を挽いたときの香はミルクキャラメルのようで、その中にどことなく甘酸っぱくもあり、爽やかさも感じられました。

 コーヒーの印象としては、とてもクリアな口当たりで、クセがなく透明感のあるコーヒーでした。苦味はなく、飲み進めるにつれ酸味が強く感じられていきました。

・マイベスト注出
 そして、今回もいつものように豆の粒度と温度の組み合わせで注出パターンをいろいろ試したところ、自分の中では中粗挽がベストでした。

抽出メモ(マイベスト):
中粗挽き メリタ 88℃ 29g 360ml

 ピーチのような甘さと飲み進めるにつれマンダリンのような柑橘感もでてきました。豆を粗めに挽いた分だけ口当たりも軽くなり、ボディにも軽快感も出てきました。後味はスッキリしています。

 ちなみに、中挽き、中細挽きでトロピカルな甘さが強めになる傾向があり、シナモンのようなスパイシーな風味も感じることができました。

・プレス式
 また、プレス式を試したところ、ミルクチョコレートのような甘さが印象的なコーヒーとなりました。

 酸味はとても穏やかで、次第にピーチやマンゴーのようなフルーティな甘さに変化していきます。口当たりはハンドドリップによりもさらに柔らかさが増し、飲み終わった後も口の中に芳香なアロマが残ります。

注出メモ:粗挽き 95℃ 16g 蒸らし4分 300ml

ホンジュラス COE2017 ロス・オコティージョス(珈琲工房ひぐち)3

豆について
ホンジュラス/ロス オコティージョス
(自家焙煎 珈琲工房ひぐちの「特薦珈琲セット」2018年8月分より)

・豆のプロフィール
生産国:
ホンジュラス
ホンジュラスの産地情報
エリア:
中東部インティブカ県 マサグアラ市 ポッソ ネグロ村

農園名:
ロス オコティージョス農園
農園主:
フランシスコ・ベラスケス氏
標高:
1,740m
品種:
レンピラ
精製方法:
ウォッシュド
焙煎:
シティロースト
受賞:
カップ オブ エクセレンス2017受賞

今回レビューした商品の購入はこちらから
【楽天】特薦コーヒーセット(自家焙煎 珈琲工房ひぐち)
※豆の産地は時期のより異なります。

特薦コーヒーセット 200g×4種類



最後までご覧いただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります!!
↓↓
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村

2018/09/09(日) | ホンジュラス | トラックバック(-) | コメント(0)

ホンジュラス/ラス・モラス

ホンジュラス/ラス・モラス
【楽天】自家焙煎 珈琲工房ひぐち

ホンジュラス/ラス モラス(珈琲工房ひぐち) ホンジュラス/ラス モラス(珈琲工房ひぐち) (3)

自己評価
 苦味
★☆☆☆☆
 酸味
★★★☆☆
 コク
★★★★☆
 甘味 
★★★★☆
 香り
★★★☆☆
(コーヒーの味はお使いの器具や抽出方法で変化することがあります。また味覚には個人差があります。)

テイスト 

 今回取り上げるのはホンジュラス産ラス・モラス農園(自家焙煎 珈琲工房ひぐちの「特薦コーヒーセット」2018年3月分より)、品種はカトゥーラ、焙煎はシティローストです。

 香はウエハースのよう香ばしさが鼻を突きました。また、スイートチョコレートのような甘い香りも感じることができました。

 テイストは、全体の印象としては落ち着いた酸味と後味はさっぱりとしたコーヒーです。

 低い温度で淹れることで、コクが増し、ボディーは重くなり、口当たりにも丸みを帯びてきます。逆に高い温度で淹れると舌先に粉っぽさを感じますが、苦味は強く感じることはありません。

 飲み始めは軽快でフレッシュな酸味(ストロベリーに近い)を感じましたが、飲み進めるにつれ(温度が下がるにつれ)酸味のは落ち着いたものになり、ベリー系(ブラックベリー)やチェリー(ダークチェリー)、赤ワインを思わせる深みのある酸味とコクへと変わっていきました。

注出メモ(マイベスト):
 中粗挽き メリタ 88℃ 29g 360ml

 ちなみに、プレス式も試しましたが、ボディの重量感が増し、ややオイリーで芳香なアロマが口の中に残ります。飲み応えは増したものの、果実感はペーパーフィルターよりもかえって弱く感じました。


豆について
ホンジュラス/ラス・モラス
自家焙煎 珈琲工房ひぐちの「特薦コーヒーセット」2018年3月分より
【楽天】特薦コーヒーセット(自家焙煎 珈琲工房ひぐち)
※豆の産地は時期のより異なります。

・豆のプロフィール

生産国:
 ホンジュラス
ホンジュラスの産地情報
農園名:
 ラス・モラス
品種:
 カトゥーラ
焙煎:
 シティロースト




特薦コーヒーセット 200g×4種類




最後までご覧いただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります!!
   ↓↓
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村

2018/04/29(日) | ホンジュラス | トラックバック(-) | コメント(0)

ホンジュラス/ゴロンドリナス

ホンジュラス/ゴロンドリナス

自己評価
 苦味
★★★☆☆
 酸味
★★★☆☆
 コク
★★☆☆☆
 甘味 
★★★☆☆
 香り
★★☆☆☆
(コーヒーの味はお使いの器具や抽出方法で変化することがあります。また味覚には個人差があります。)

テイスト 
今回取り上げるのは、ホンジュラス産ラス・ゴロンドリナス(自家焙煎 珈琲工房ひぐちの「人気ランキング トップ3コーヒーセット」2017年12月分より)です。

 品種はカトゥアイ、ブルボン種、焙煎はシティロースト。やや浅い豆も混ざっていたため、おそらく別々に焙煎したあとにブレンドするアフターミックスでしょう。

 注出方法をいくつか試したなかで、個人的にはプレス式がオススメです。プレス式では金属メッシュが成分を余すところなく透過するので豆本来の風味が楽しめると言われています。

 香は芳ばしくもふわっと柔らかいです。

 苦味・酸味ともに穏やかで、果実の甘酸っぱさがじんわりと口の中に広がります。一口目に芳ばしさとほどよい苦味を感じ、飲み進めるにつれマスカットのようなほのかな酸味が感じられました。

 プレス式にしてはそれほどオイリーではないため、コクはありますがクドくもなく、スッキリとした飲み口を体験できました。

余談:
 今回は天然水を使った注出も試してみました。

 水道水で注出したときとは印象は大きく変わり、繊細な甘みや果実感は感じにくくなり、苦味も独特のクセがありました。また、ボディは重くしっかりとした味わいになりました。これはミネラル分とコーヒーの成分が化合した影響があるかもしれません。

注出メモ(マイベスト):
 中粗挽き プレス 96℃ 4分 16g 300ml

豆について
ホンジュラス/ラス・ゴロンドリナス
(自家焙煎 珈琲工房ひぐちの「人気ランキング トップ3コーヒーセット」2017年12月分より)

・豆のプロフィール
生産国:
 ホンジュラス
ホンジュラスの産地情報
農園名:
 ラス・ゴロンドリナス農園
品種:
 カトゥアイ、ブルボン
精製方法:
 フリーウォッシュド
焙煎:
 シティロースト



人気ランキング トップ3コーヒーセット(400g×3種類)

感想:57件



最後までご覧いただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります!!
   ↓↓
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村

2017/12/23(土) | ホンジュラス | トラックバック(-) | コメント(0)

ホンジュラスの産地情報

ホンジュラスコーヒーの産地情報

ホンジュラス国旗



・基本データ
国名 :ホンジュラス共和国(漢字表記:洪都拉斯)
面積 :112,492平方キロメートル(日本の約3分の1弱)
人口 :約800万人(2014年)
民族 :ヨーロッパ系・先住民混血91%、その他9%(先住民6%、アフリカ系2%、ヨーロッパ系1%)
首都 : テグシガルパ
言語 :スペイン語
宗教 :カトリック(信教の自由を憲法上保障)
GDP :202億ドル(2015年)
主要産業 :農林牧畜業(コーヒー、バナナ、養殖エビ等)
通貨 :レンピーラ(L)
独立した年 :1821年スペインから独立

 国名の由来は、クリストファー・コロンブスが1502年にこの地への上陸を試みたときに、イカリが海底まで届かなかったことから、この地をスペイン語で「深み」を意味する「オンドゥラ(hondura)」と呼んだことに始まり、英語読みの「ホンジュラス」になったという説が有力です。

 スペインから独立した後は1823年に中米連邦共和国に加盟しますが、1838年に連邦が内部紛争で解体したことで再び独立をしています。経済規模は中央アメリカで最も貧しい国の一つで、日本の鳥取県とほぼ同じ規模です。1930年代にアメリカ資本のユナイテッド・フルーツ社の進出により、バナナのプランテーション栽培に依存したモノカルチャー経済が発達しました。このことからホンジュラスは現在でも「バナナ共和国」と呼ばれることもあります。しかし、モノカルチャー経済は天候の変動リスクが高く、この経済構造から脱却するため、関税のかからない中継ぎ貿易による製造業(特に繊維)や観光業など新しい産業の発展に力を注いでいます。

・国土
 ホンジュラスは中央アメリカ中部に位置し、国境をグアテマラ、エルサルバドル、ニカラグアと接しています。海は北はカリブ海、南はフォンセカ湾を経て太平洋に面しています。 大陸部のほかに、カリブ海岸にスワン諸島、バイーア諸島を領有しています。

 平地面積は狭く、南北の海岸地域にわずかにあるだけで、国土の大部分が山岳高原地帯となっいます。地理的に環太平洋火山帯から外れているため、山が多い割には国内に活火山はなく、地震が少ないのが特徴です。また、国内最高峰は西部のセラケ国立公園にあるミナス山(標高は2,870m)があります。

・気候
 ホンジュラスは赤道に近いことから、カリブ海や太平洋沿岸地域では高温多湿の熱帯性気候で、一年を通じて雨が多い気候となっています。また、8~10月にはハリケーンのシーズンあたり、しばしば大きな被害を受けています。一方、国土の大部分を占める山岳地帯は比較的過ごしやすく、特に首都テグシガルバをはじめ標高1,000~1,500mの高原地域では常春の気候となっており、高原部の季節は乾季(12~4月)と雨季(5~11月)に分かれています。

・ホンジュラスコーヒーの歴史
 中米で最初にコーヒー栽培が始まったコスタリカに続き、ホンジュラスでは1870年代にエルサルバドル、ニカラグアとともに始まりました。当時はプランテーションによる栽培が主流でしたが、平地面積が国土の20%しかないホンジュラスでは、山岳地帯に小規模なプランテーションが数多く作られました。気候や土壌環境などは他の中米諸国と変わりはなかったものの、収穫したコーヒーを輸送する交通インフラが整っていなかったこともあり、当時はほとんどが国内での消費にとどまっていました。

 しかし、1970年に品質向上と生産農家の支援を目的としたホンジュラス・コーヒー協会(IHCAFE)が設立されると、2000年を過ぎたあたりから世界的な品評会であるカップ オブ エクセレンス(COE)で高評価を得るようになり、高値で取引されるようになりました。そしてコーヒーの生産量は、2011年には中米最大のコーヒー生産国となり、現在では年間およそ6万トンを生産し、そのうち60%を輸出するほどコーヒー産業は成長しました。コーヒー農家は全国で11万世帯にのぼり、収穫期には延べ100万人の雇用を創出するなど、コーヒー産業はホンジュラス経済の中心的な産業となっています。

・ホンジュラスのコーヒー栽培
 ホンジュラスのコーヒー生産量は中米で1位、世界では6位(2013年)となっています。栽培エリアは西部から南部にかけての広範囲で、主な生産地はサンタバルバラ、コバン、モンテシージョス、アガルタ、オパラカ、コマヤグア、エルパライソなどがあります。いずれの地域も標高が高く、昼夜の寒暖差が大きいことから高品質のコーヒーが生産されています。その中でも特にサンタバルバラは最大の生産地で、国内総生産量のおよそ3分の1を占めます。

 コーヒーチェリーから種子を取り出す精製は水洗式(ウォッシュト精製)が主流ですが、雨の多さから、精製したコーヒーを乾燥させるのが難しく、生産農家の中には機械乾燥を導入しているところもあります。

 2013年には中米諸国でサビ病が猛威をふるい、非常事態宣言を出した国もあったほどでした。ホンジュラスでもこのサビ病の影響か懸念されています。

・ホンジュラスコーヒーのレビューはこちらから
ホンジュラス アガパントス(自家焙煎 珈琲工房ひぐち)


送料無料/ホンジュラスを知るための60章/桜井三枝子/中原篤史


最後までご覧いただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります!!
   ↓↓
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村

2016/09/10(土) | 産地情報 | トラックバック(-) | コメント(0)

ホンジュラス アガパントス(自家焙煎 珈琲工房ひぐち)

ホンジュラス アガパントス(自家焙煎 珈琲工房ひぐち)
ホンジュラス アガパントス(自家焙煎 珈琲工房ひぐち)パッケージ ホンジュラス アガパントス(自家焙煎 珈琲工房ひぐち)シティロースト

自己評価
酸味
★★★★☆
苦味
★★★★☆
ボディ
★★★☆☆
香り
★★★☆☆
コク
★★★★☆
(コーヒーの味はお使いの器具や抽出方法で変化することがあります。また味覚には個人差があります。)

テイスト 
酸味はありますが、穏やかで苦味と酸味のバランスが非常に良く
飲み終わった後の余韻(口の中に香り)も残ります。
管理人がこれまでに飲んだコーヒーの中でもかなり好印象でした。

今回の淹れ方ですが、挽きは中細挽き、
抽出温度は高めの89度で素早く抽出するのが良さそうです。
あまりゆっくり抽出すると渋みがでましたので注意です。

温度が下がるにつれ甘酸っぱさも感じられるようになりますので、
ゆっくり味わうのもおつです。

またドリッパーをカリタからメリタに替えただけで重厚感が増し、
より飲みごたえのある味になりました。


●商品概要
今回レビューするのは自家焙煎 珈琲工房ひぐち
「スペシャルティコーヒー トライアルセット」から
「ホンジュラス アガパントス」(カップ オブ エクセレンス2014受賞)です。

まずスペシャルティコーヒー トライアルセットのセット内容は以下の通りです。

ホンジュラス アガパントス 100g
 (国際品評会 カップ オブ エクセレンス2014受賞)
 品種:カトゥアイ
 焙煎:中深煎
 
エルサルバトル サンタ リタ 100g
 (国際環境認証 レインフォレストアライアンス認証)
 品種:ブルボン
 焙煎:中深煎
 
 さらに、おまけとして
 「国際環境認証ドリップコーヒーバッグ」3種類ついてきます。
※パッケージの内容は2015年4月時点のものです。
また、このトライアルセットは一人2セットまでしか購入できません。

このセットの価格や詳しい内容については過去記事を参考にしてください
スペシャルティコーヒー トライアルセット(自家焙煎 珈琲工房ひぐち)
エルサルバドル サンタ リタ(自家焙煎 珈琲工房ひぐち)

豆について 

・生産国の詳しい情報はこちら
ホンジュラスの産地情報

写真
粒度
ホンジュラス アガパントス(自家焙煎 珈琲工房ひぐち)中挽き
写真は中挽きです。シルバースキン(薄皮)がたくさんでました。

蒸らし
ホンジュラス アガパントス(自家焙煎 珈琲工房ひぐち)豆の膨らみ
良く膨らみました


ホンジュラス アガパントス(自家焙煎 珈琲工房ひぐち)泡
湯を注いだ瞬間炭酸ガスが勢いよく出て豆が押し上げられていました。

完成
ホンジュラス アガパントス(自家焙煎 珈琲工房ひぐち)完成
いただきます!

抽出データ
銘柄名(購入店):
 自家焙煎 珈琲工房ひぐち
生産国:
 ホンジュラス
農園:
 ロス アガパントス農園
焙煎度:
 シティロースト
ミル: 
 ナイスカットミル(カリタ)
粒度:
 中細挽き(ナイスカットミルでは3.0)
ドリッパー:
 メリタ
温度:
 89℃
抽出スピード:
 速め 
豆の分量:
 20g 
抽出量(サーバーのメモリ):
 4.0(およそ500cc)

今回レビューした商品の詳しい情報をご覧になりたい方は下記サイトへどうぞ。
【楽天】自家焙煎 珈琲工房ひぐちショッピングサイト
【楽天】スペシャルティコーヒー トライアルセット 200g×2種類 (国際認証ドリップバッグ3個プレゼント) (自家焙煎 珈琲工房ひぐち)

今回レビューした商品の関連記事へはこちらから
スペシャルティコーヒー トライアルセット(自家焙煎 珈琲工房ひぐち)
エルサルバドル サンタ リタ(自家焙煎 珈琲工房ひぐち)


最後までご覧いただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります!!
   ↓↓
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村


【初回限定お試し珈琲】品質の高さを実感!スペシャルティコーヒー トライアルセット 200g×2種類(国際認証ドリップバッグ3個プレゼント)


感想:951件


2015/04/17(金) | ホンジュラス | トラックバック(-) | コメント(0)

 |  HOME  |