fc2ブログ

珈琲ゼリーレシピ (魅惑の濃厚エスプレッソソース)

濃厚エスプレッソソースが奏でる魅惑のコーヒーゼリー

コーヒーゼリーオンエスプレッソクリーム

五月に入り日中は夏日になるような暑い日も出てきました。
そんなときに冷たく喉越しの良いコーヒーゼリーはいかがでしょうか?

今回はゼリーには砂糖を使わず、濃厚なエスプレッソソースをかけて味わう、コーヒー本来の苦みを活かしたちょっぴり大人なコーヒーゼリーを紹介したいと思います。

・材料
深煎りのコーヒー豆 32g
(フレンチレンチもしくはイタリアンロースト)
 グアテマラフレンチ 豆

粉ゼラチン 7g 
あらかじめ4倍(28g)の水に浸しておきます。
(ゼラチンはコーヒーの2%、注出するコーヒーの50分の1の重量が目安です)
ゼラチン 24gの水で溶く 


コーヒーゼリー用のゼラチンも製菓用を使うとお得です。


・作り方
1.豆は中細挽きにします。
グアテマラフレンチ 中細挽き

2.84℃の湯で360mlのコーヒーを抽出します(サーバーのメモリ3程度)
  ハンドドリップでゆっくり抽出するのがコツ。
3.コーヒーを鍋に入れて軽く温め、火を止めてからもどしておいたゼラチンを加え、よくかき混ぜます。
 (沸騰させてしまうと、コーヒーの風味が飛んでしまうだけでなく、ゼラチンが固まらなくなってしまうため注意しましょう)
抽出したコーヒーにゼラチンを溶く


4.鍋を氷を張ったバットにあてて粗熱をとり静かに器に流して冷蔵庫2時間ほど冷やし固めます。
荒熱を取る型に入れる



エスプレッソソース

・材料
エスプレッソ 約100ml
砂糖 約50g (エスプレッソの重量のおよそ半分)
砂糖50g


・作り方
今回のエスプレッソはマキネッタで作っています(容量はおよそ100ml)。
マキネッタ
マキネッタの使い方は以下の記事に紹介してあります。
直火式エスプレッソ(マキネッタ)
エスプレッソマシンをお持ちの方はそちらを使用していただいてOKです。

1.エスプレッソを作ります。

2.作ったエスプレッソを鍋に入れ砂糖を加え火にかけます。

3.砂糖が溶けて鍋がふつふつとしたら火を止めます。
  荒熱が取れたらラップをして冷蔵庫へ。
砂糖を溶かす エスプレッソソース完成
※キャラメルを焦がしたような甘く香ばしい匂いがしますが、匂いにうっとりして焦がさないように注意してください。

・召し上がり方
先に作っておいたコーヒーゼリーにエスプレッソソースをお好きなだけかけて召し上がりください。

トップの写真では、生クリームをホイップ(エスプレッソソースを大さじ1加えています)して添え、さらにエスプレッソソースをかけています。コーヒーゼリー自体には甘みがないので、ソースは多めにかけても大丈夫です。
また、下記のようにアイスクリームを加えてもひんやりしておいしいです。

コーヒーゼリーオンアイス エスプレッソソースがけ

余ったソースはフレンチトーストやプリンなどにかけても相性抜群です!
※エスプレッソソースは日持ちはしますが、ゼリーの方は冷蔵庫で保存して2~3日中に召し上がってください。


豆について
最後に、使用するお豆のアドバイスを。
豆はとくに品質の良い豆を使う必要はありません。
好みの味ではなかったり、大量に買い込み使い切れずに古くなってしまったお豆でも十分です。
ただ、苦みを効かせるために、深入りのお豆を使うことをおすすめします。



【K倉庫直送】森永 クックゼラチン 30g(5g×6袋)




最後までご覧いただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります!!
   ↓↓
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村

2017/05/06(土) | おやつ | トラックバック(-) | コメント(0)

失敗レシピが大変身⇒コーヒーアフォガードへ

失敗レシピが大変身⇒コーヒーアフォガードへ

CIMG5327.jpg

始めはコーヒー寒天を作るつまりが、上手く固まらずこのまま失敗にしてしまうのはもったいない!
他に使い道はないかと考えたすえ、ジュレみたいにトロッとしていたので、これはソースとして使える!!と思いつきました。

今回はそんな失敗から生まれた、コーヒーソースもとい、コーヒーアフォガードの作り方を紹介します。

・材料
粉寒天         1g
水           75cc
コーヒー豆(深煎り)      30g


・作り方
1、鍋に粉寒天1gと水75ccを合わせて火にかけ、かき混ぜながら煮溶かす。沸騰したら弱火にして、1~2分間煮た後に火を止める。

2、深煎り豆30gを使って、コーヒーを300cc抽出する。
(風味を出すために豆を中細挽きにして85℃でゆっくり抽出するのがオススメ)
※甘いのがお好みであれば、ここで砂糖を適量入れて溶かす。

3、抽出したコーヒーを溶かした鍋の中に入れてよく混ぜる。

4、型に注ぎ入れて粗熱を取り、冷蔵庫で冷やしたら完成!


・感想
写真ではアイスクリームにかけてアフォガード風にしていただきました。
苦味の強い濃厚なソースが、甘く溶けかけのアイスクリームに良く合います。

他にはヨーグルトやフレンチトーストにかけても美味しくいただけました。

せっかく作ったのだからもっと色々と試してみたいところ。
もしかして、焼き餅にもマッチしたり!?
勇気のある方ぜひ試してご報告お願いします。

※なお、今回は失敗レシピですので、万一成功!?して固まってしまったら、そのままコーヒー寒天としてお召し上がりください。 

ちなみに、ゼラチンで作る「コーヒーゼリー」や「エスプレッソソース」の作り方はブログに載せてありますので、興味のある方はどうぞ!!(こちらはちゃんと固まっています)
濃厚エスプレッソソースが奏でる魅惑のコーヒーゼリー



ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります!!
   ↓↓
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村

2016/08/11(木) | おやつ | トラックバック(-) | コメント(0)

レシピ/水ようかん

レシピ/水ようかん

今回は水ようかんの作り方を紹介します。
粉寒天を使って簡単に作ることができるので、暑いこの時期ぜひご家族で召し上がってみてください。

CIMG5323.jpg

・材料
小倉あん    360g
あんこは大判焼きでおなじみの御座候の小倉あんを1袋使用しました。⇒御座候
粉寒天     2g
水       300cc


CIMG5286.jpg

・作り方
1、分量の水を入れた鍋に粉寒天を入れ、混ぜなが加熱し、沸騰したら弱火にする。

2.、2~3分たったら混ぜながらあんこを少しずつ加えていき、あんこがすべて溶け切ったら塩を一つまみ加えて火から下ろす。

3、水を入れたボールに鍋を入れ、ゆっくり混ぜながらあら熱を取る。(これをしないとあんこがダマになってしまいます。)

4、液がおもくなって少しとろみがついてきたら水でぬらした容器に流し入れ、粗熱がとれたらラップをして、冷蔵庫で冷やし完成です。

・感想 
とてもみずみずしくて、口当たりは滑らか、のど越しもよいです。
味の決め手は鍋を火から下ろすさいに、塩を一つまみ加えるところがポイントだと思います。
こうすることで、味が引き締まったと思います。

甘さが足りないと感じた方はお好みで砂糖を加えてみてください。

小倉ようかんの作り方はこちらから
レシピ/小倉ようかん




ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります!!
   ↓↓
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村

2016/08/11(木) | おやつ | トラックバック(-) | コメント(0)

レシピ/小倉ようかん

レシピ/小倉ようかん

今回は小倉ようかんの作り方を紹介したいと思います。

CIMG5297.jpg

・材料
小倉あん          360g 
あんこは大判焼きでおなじみの御座候の小倉あんを1袋使用しました。⇒
御座候
粉寒天           3g
グラニュー糖       50g
水             100cc


CIMG5286.jpg
※写真左はスティック寒天です。

・作り方
1、鍋に水と寒天を入れて、火にかけ沸騰したら火を弱め、2~3分かき混ぜます。

2、さらに、グラニュー糖を加えて溶けるまでかき混ぜます。

3、最後に、つぶあんを加え、鍋底全体をこする様に混ぜ続けます。混ぜた時に鍋底が見えるくらいの固さになれば、火を止めます。

4、水でぬらした容器に流し入れ、粗熱がとれたらラップをして、冷蔵庫で冷やし完成です。


・感想 
あんこの甘とグラニュー糖で甘過ぎないかな?と思ったのですが、食べてみると、わりと後味サッパとしていて、食感も口の中で程よく崩れ、夏のお茶うけにもってこいだと思います。

とても簡単なので、ぜひご家族で召し上がってみてください!!

水ようかんの作り方はこちらから
レシピ/水ようかん



ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります!!
   ↓↓
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村

2016/08/11(木) | おやつ | トラックバック(-) | コメント(0)

本日のおやつ#40(八朔餅)


おやつ
 八朔餅(株式会社 赤福)
www.akafuku.co.jp/

CIMG5315.jpg CIMG5308.jpg


伊勢名物赤福の朔日餅より、今月は八朔餅です。

粟餅を黒砂糖のあんこで包んでいます。
普通のあんこ以上にコクがあり、
お餅もとっても柔らかくて、箱から出すのに苦労するほどでした。

上品な甘さで、ついまた一つと手が伸びてしまいます。




ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります!!
   ↓↓
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村

2016/08/02(火) | おやつ | トラックバック(-) | コメント(0)

 |  HOME  |  »