ケンコーコム

ブラジル シャッカラ・コロニア・アグリコラ農園(The Coffee Market)

ブラジル シャッカラ・コロニア・アグリコラ農園(The Coffee Market)
【楽天】マルクスさんのコーヒー(The Coffee Market)

CIMG4545.jpg CIMG4568.jpg

自己評価
酸味
★★★☆☆
苦味
★★★★☆
ボディ
★★★☆☆
香り
★★★☆☆
コク
★★★★☆
(コーヒーの味はお使いの器具や抽出方法で変化することがあります。また味覚には個人差があります。)

テイスト 
今回は中挽き、低温で抽出しました。
口当たりは非常に柔らかく、コーヒーらしいコクのある苦味が口に広がります。
甘味もあり、何よりマイルドな風味で美味しいです。このマイルドさはムンドノーボの特徴のようです。

ムンドノーボとは・・・
アラビカ種の一種で、ブルボン種とインドネシアから持ち込まれたスマトラ種との交配種。ブラジルで発見され、現在ではブラジルの代表的な品種となっている。生産性が高く、病害虫に強く、まろやかな香味が特徴。

抽出メモ:中挽き メリタ 80℃ 27gおよそ560ml

●商品概要
マルクスさんのコーヒー(ブラジル シャッカラ コロニア アグリコラ農園)
「The Coffee Market」より

200g 1,000円 (税込 1,080 円) 送料別

500g  2,000円 (税込 2,160 円) 送料別

1kg(500g×2袋) 3,500円 (税込 3,780 円) 送料別

焙煎はフルシティーロースト。
豆の状態は、豆のまま、細挽き、中細挽き、中挽き、粗挽きの5種類に対応。

商品のご購入はこちらから
【楽天】マルクスさんのコーヒー(The Coffee Market)

ブラジル アグリコラ農園/ マルクスさんのコーヒー 200g-Brasil- 『UTZ KAPEH(ウツカフェ)』『レインフォレスト認証』

価格:1,080円(2016/02/10 17:25時点 )



豆について

生産国の詳しい情報はこちら
ブラジルの産地情報

・シャッカラ コロニア アグリコラ農園
 シャッカラ コロニア アグリコラ農園(Chacara Colonia Agricola)はブラジルのミナスジェライス州パットス・デ・ミナス市にあり、115haの広さを持ちます。

 農園主を務めるマルクスさんは、大学を卒業後エンジニアとして働いていていましたが、家族旅行中に不慮の交通事故にあい、長い療養生活を余儀なくされます。療養中に滞在した義父であるマヌエル・ヴェローゾ・ドス・レイスさんは1972年にセラード地区で初めてコーヒー栽培を始めたコーヒー農家でした。マルクスさんはここでコーヒー栽培を学び、その後1985年に近隣に土地を購入して独立しコーヒー栽培を始めました。

 農園を開いたのちはエンジニアであった経験を活かし、栽培や収穫作業の徹底した合理化を行い、また義父からの助言もあり、生産量はは順調に伸び、年間3,000俵の年間収穫量を誇ります。

 また、シャッカラ コロニア アグリコラ農園は「Appellation Cerrado(アペラシオン・セラード)」、Rainforest Alliance(レインフォレストアライアンス)※1Good Inside(グッドインサイド)※2の認証を受けています。

 「アペラシオン・セラード」のアペラシオンとは日本語で「原産地呼称」という意味になり、2005年にできた新しい認証制度で、フランス産のワインやチーズ、バターなどの農業製品にも使われている「アペラシオン・ドリジーヌ・コントロレ(Appellation d'Origine Contrôlée)」を手本に作ったといわれています。

 セラードはブラジルの中央高原に広がるサバナ地帯で農作物を育てるには不向きな土地でしたが、1970年代以降は日本の支援を受けて土壌改良し、現在では数千もの農家がコーヒー栽培を行うようになっています。CACCER(カセール:セラード生産者協議会)は、このセラードで栽培・収穫されたアラビカコーヒーのうち、地域や品質に特徴があることと、そして食品の安全を確保するために栽培・加工・製造・流通などの過程を明確にすること(トレーサビリティー)、などの一定の条件を満たしたコーヒーだけに「アペラシオン・セラード」(セラードコーヒー)の認証を与えています。またコーヒーはSCAA(米国スペシャルティコーヒー協会)のカッピングチェックも受けています。

 このアペラシオン・セラードの認証を受けたコーヒーというのは、「セラードで生産され、品質(味覚、安全性ともに)保証されたコーヒー」といえば分かりやすいでしょうか。
※1.Rainforest Alliance(レインフォレストアライアンス)・・・森林や生態系の保護、そして農園での労働環境の改善なを目的とした認証。詳しくはこちら⇒レインフォレスト・アライアンス ホームページ
※2.Good Inside(グッドインサイド)・・・社会と環境に責任を持った生産・供給・流通の管理基準を定めた国際認証プログラム。商品の生産履歴(トレーサビリティ)が明確であることだけでなく、労働者のため住環境や医療サービス、子供のための学校などの生活環境も充実させている。ている。

・豆のプロフィール
生産国:
 ブラジル
エリア:
 ミナスジェライス州パットス デ ミナス市
農園名:
 シャッカラ コロニア アグリコラ農園
標高:
 950m~1,100m
生産者:
 マルクス エイトール デ ケイロス
品種:
 ムンドノーボ
精製方法:
 ナチュラル
焙煎:
 フルシティロースト
認証:
 Appellation Cerrado、Good Inside、Rainforest Alliance 

●抽出メモ
ミル: 
 ナイスカットミル(カリタ)
粒度:
 中挽き(ナイスカットミルでは3.5)
ドリッパー:
 メリタ
温度:
 80℃
抽出スピード:
 ゆっくり 
豆の分量:
 27g 
抽出量(サーバーのメモリ):
 3.5(およそ560ml)
(管理人の一番評価の高かった淹れ方を表示しています)

●写真
蒸らし
CIMG4581.jpg

抽出
CIMG4583.jpg

完成
CIMG4587.jpg

今回レビューした商品の購入はこちらから
【楽天】マルクスさんのコーヒー(The Coffee Market)

そのほかのブラジルコーヒーのレビューはこちらから
ブラジル サンペドロ(自家焙煎 珈琲工房ひぐち)
ブラジル パッセイオ(自家焙煎 珈琲工房ひぐち)
ブラジル ダテーラ フル ブルーム(珈琲問屋)

The Coffee Marketのお得なセットはこちらから
【楽天】旬の珈琲 ええ豆セット
【楽天】お試しセット 100g 3種類

最後までご覧いただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります!!
   ↓↓
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

2016/02/27(土) | ブラジル | トラックバック(-) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
 |  HOME  |