ケンコーコム

コロンビア ウィラ(自家焙煎 珈琲工房ひぐち)

コロンビア ウィラ(自家焙煎 珈琲工房ひぐち)
【楽天】自家焙煎 珈琲工房ひぐち

CIMG4683.jpg CIMG4767.jpg

自己評価
酸味
★★★★☆
苦味
★★★☆☆
ボディ
★★★☆☆
香り
★★★★☆
コク
★★★★☆
(コーヒーの味はお使いの器具や抽出方法で変化することがあります。また味覚には個人差があります。)

テイスト 
 最初中細挽きで飲んだ時には渋味が強く、中挽きでも目立ったため、中荒挽きで挽くことにしました。

 甘い香りで、味は酸味は強めですが、ワインのようなミドルボディで全体的にマイルドな味わいです。コクもあり、口当たりも柔らかく、飲みごたえも十分です。高い温度で抽出すると、苦味が邪魔をしてしまったので、温度はそれほど高くない方がいいと思いました。
 
抽出メモ:中荒挽き メリタ 82℃ 27.5gおよそ560ml


●商品概要
コロンビア ウィラ
2016年1月特薦コーヒーセット(自家焙煎 珈琲工房 ひぐち)より

200g × 4種類 4,200円 (税込 4,536 円) 送料込

400g × 4種類 7,400円 (税込 7,992 円) 送料込

豆の状態は、豆のまま、粗挽き、中細挽き、細挽き、極細挽きの5種類に対応。



特薦コーヒーセット 200g×4種類

価格:4,536円
(2016/02/15 19:53時点 )

感想:60件



豆について
コロンビア ウィラ

生産国の詳しい情報はこちら
コロンビアの産地情報

・ウィラ
 今回取り上げたコーヒーはコロンビアのウィラ県(Huila)で生産されました。ウィラ県はコロンビア南西部の山岳地帯にあり、コロンビア最長の河川であるマグダレナ川のほか主要な大河の源流をいくつも有するアンデス山脈と渓谷に囲まれた地域です。赤道に近いため高地でのコーヒー栽培が可能で、1,500~1,800mの高地で栽培されています。

 豊かな自然に恵まれ、気象条件も良いことから、高品質なコーヒーが生産されており、栽培されるコーヒーは主にスクリーンサイズが17以上の大粒なスプレモ(スペイン語で最高級の意)となっています。コーヒー農家のほとんどが農地面積が数haの小規模農家ですが、年中コーヒーの収穫が可能なことから、特に近年ではコーヒー生産量が急激に増加しており、コロンビア全体の15%近く(2010年)を占めるようになっています。

 ナリーニョ、カウカなどの他の南部地域と同様に甘い香りと、まろやかで豊かな酸と、ミディアムボディが特徴です。

・豆のプロフィール
生産国:
 コロンビア
エリア:
 ウィラ県
標高:
 1,500~1,800m
品種:
 カトゥーラ種
精製方法:
 ウォッシュド
焙煎:
 シティロースト

●抽出メモ
ミル: 
 ナイスカットミル(カリタ)
粒度:
 中荒挽き(ナイスカットミルでは4.0)
ドリッパー:
 メリタ
温度:
 82℃
抽出スピード:
 普通
豆の分量:
 27.5g 
抽出量(サーバーのメモリ):
 4.5(およそ560ml)
(管理人の一番評価の高かった淹れ方を表示しています)

そのほかのコロンビアコーヒーのレビューはこちらから
コロンビア サントゥアリオ(自家焙煎 珈琲工房ひぐち)
コロンビア ナリーニョ ダーク(コーヒーマーケット)

今月の特薦コーヒーセットの内容はこちらから

【楽天】今月の特薦コーヒーセット 200g×4種類
【楽天】自家焙煎 珈琲工房ひぐち

そのほかの珈琲工房 ひぐちの お得なセットはこちらから
【楽天】リピーターズコーヒーセット(送料無料)200g×3種類
【楽天】スペシャルティコーヒー トライアルセット 200g×2種類
最後までご覧いただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります!!
   ↓↓
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

2016/03/19(土) | コロンビア | トラックバック(-) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
 |  HOME  |