fc2ブログ

パナマ エスメラルダ農園/ゲイシャブレンド

パナマ エスメラルダ農園/ゲイシャブレンド
【楽天】自家焙煎 珈琲工房ひぐち

エスメラルダ/ゲイシャブレンド エスメラルダ/ゲイシャブレンド (2)

自己評価
 苦味
★★☆☆☆
 酸味
★★★★☆
 コク
★★★★☆
 甘味 
★★★★☆
 香り
★★★★☆
(コーヒーの味はお使いの器具や抽出方法で変化することがあります。また味覚には個人差があります。)

テイスト 
今回の商品は名前に示されているように、高級品種である「ゲイシャ種」がブレンドされているのですが、それ以外の豆の産地や品種が何かまでは表示されていませんでした。

決まり事としては、○○ブレンドと謳うためには『原材料として使用したコーヒー生豆の産地、品種、銘柄などを冠表示したコーヒーが30%以上ブレンドされていないと表示できません。』(全日本コーヒー協会)とのことなので、これに従えば最低3割は「ゲイシャ種」ブレンドされていることになります。

温度や豆の挽き具合を変えながら抽出してみたのですが、全体の印象としては、淹れ方によって多少の違いはあるものの、香りは花のような甘く芳香で、かすかに柑橘系の爽やかさも感じられ、テイストは苦味はなくとても澄んでいて、柑橘系の爽やかなフレーバーが口中に広がり、余韻も長めでした。コーヒーは果実なんだと改めて思いなおされる一杯でした。

柑橘系の種類も、みかん、グレープフルーツ、レモンなどが浮かび、一言で言い当てる言葉がなかなか見つかりませんが、ネットで調べるとベルガモット(つまりアールグレイ)の風味とありました。

豆の挽き方も何通りか試してみましたが、個人的には中細挽きでの抽出が一番好みでした。
細く挽いたからといっても苦味は強くならず、むしろウエハースのような香ばしさが程よく、柔らかい酸味と重なることで、奥行きが増しましたようでした。
飲み終わった後の余韻も長く、いつまでも爽やかなフレーバーが口に残っていました。

今回はブレンドということで、ゲイシャ本来の風味がいかほどのものであったか知る由もありませんが、いつかはストレートも飲んでレビューしてみたいと思います。

抽出メモ:
中細挽き メリタ 86℃ 29g 360ml
エスメラルダ/ゲイシャブレンド (3)

●商品概要
エスメラルダ ゲイシャブレンド(スペシャルオークション2016落札豆使用)
自家焙煎 珈琲工房ひぐちの「新春特薦コーヒーセット」より(2017年1月)
※内容は月により異なります。

豆の状態は、豆のまま、粗挽き、中細挽き、細挽き、極細挽き
の5種類に対応。


特薦コーヒーセット 200g×4種類

感想:67件



ゲイシャをシングルで飲んでみたいという方はこちらから

パナマ エスメラルダ スペシャル2016特級畑ハラミージョ・ゲイシャ (中煎) 200g

感想:3件



豆について

・生産国の詳しい情報はこちら
パナマの産地情報

・ゲイシャとは?
品種:ゲイシャ

・エスメラルダ農園
 エスメラルダ農園は、パナマ西部のコスタリカとの国境沿いにあるチキリ県ボケテ区、国内最高峰のバル火山(3474m)の裾のにあります。

 農園内には天然林があり、十分な降水量と、豊かな自然環境に恵まれています。また、自然保護と共生の立場から、できる限り農薬を使わずにコーヒー栽培を行っており、農園内には働く人々のために保育所、日用品店、学校も備わっており、人と自然、そして暮らしが密接に結びついた一つのコミュニティを形成しています。

 エスメラルダ農園は当時無名でしたが、2004年のパナマの国際オークション「ベスト・オブ・パナマ」に出品した「ゲイシャ種」が当時の最高落札価格を記録したことで、一躍脚光を浴びることとなります。

・豆のプロフィール
生産国:
 パナマ
エリア:
 チキリ県 ボケテ
農園名:
 エスメラルダ農園
品種:
 ゲイシャ、他
焙煎:
 シティロースト
メモ:
 スペシャルオークション2016落札豆使用

そのほかのパナマコーヒーのレビューはこちらから
パナマ エスメラルダ パルミラ(自家焙煎 珈琲工房ひぐち)
パナマ ママカタ(自家凱旋 珈琲工房ひぐち)

今月の特薦コーヒーセットの内容はこちらから
【楽天】今月の特薦コーヒーセット 200g×4種類

最後までご覧いただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります!!
   ↓↓
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村
関連記事

2017/01/28(土) | パナマ | トラックバック(-) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
 |  HOME  |