ケンコーコム

濃厚エスプレッソソースが奏でる魅惑のコーヒーゼリー

濃厚エスプレッソソースが奏でる魅惑のコーヒーゼリー

コーヒーゼリーオンエスプレッソクリーム

五月に入り日中は夏日になるような暑い日も出てきました。
そんなときに冷たく喉越しの良いコーヒーゼリーはいかがでしょうか?

今回はゼリーには砂糖を使わず、濃厚なエスプレッソソースをかけて味わう、コーヒー本来の苦みを活かしたちょっぴり大人なコーヒーゼリーを紹介したいと思います。

・材料
深煎りのコーヒー豆 32g
(フレンチレンチもしくはイタリアンロースト)
 グアテマラフレンチ 豆

粉ゼラチン 7g 
あらかじめ4倍(28g)の水に浸しておきます。
(ゼラチンはコーヒーの2%、注出するコーヒーの50分の1の重量が目安です)
ゼラチン 24gの水で溶く 

・作り方
1.豆は中細挽きにします。
グアテマラフレンチ 中細挽き

2.84℃の湯で360mlのコーヒーを抽出します(サーバーのメモリ3程度)
  ハンドドリップでゆっくり抽出するのがコツ。
3.コーヒーを鍋に入れて軽く温め、火を止めてからもどしておいたゼラチンを加え、よくかき混ぜます。
 (沸騰させてしまうと、コーヒーの風味が飛んでしまうだけでなく、ゼラチンが固まらなくなってしまうため注意しましょう)
抽出したコーヒーにゼラチンを溶く


4.鍋を氷を張ったバットにあてて粗熱をとり静かに器に流して冷蔵庫2時間ほど冷やし固めます。
荒熱を取る型に入れる



エスプレッソソース

・材料
エスプレッソ 約100ml
砂糖 約50g (エスプレッソの重量のおよそ半分)
砂糖50g


・作り方
今回のエスプレッソはマキネッタで作っています(容量はおよそ100ml)。
マキネッタ
マキネッタの使い方は以下の記事に紹介してあります。
直火式エスプレッソ(マキネッタ)
エスプレッソマシンをお持ちの方はそちらを使用していただいてOKです。

1.エスプレッソを作ります。

2.作ったエスプレッソを鍋に入れ砂糖を加え火にかけます。

3.砂糖が溶けて鍋がふつふつとしたら火を止めます。
  荒熱が取れたらラップをして冷蔵庫へ。
砂糖を溶かす エスプレッソソース完成
※キャラメルを焦がしたような甘く香ばしい匂いがしますが、匂いにうっとりして焦がさないように注意してください。

・召し上がり方
先に作っておいたコーヒーゼリーにエスプレッソソースをお好きなだけかけて召し上がりください。

トップの写真では、生クリームをホイップ(エスプレッソソースを大さじ1加えています)して添え、さらにエスプレッソソースをかけています。コーヒーゼリー自体には甘みがないので、ソースは多めにかけても大丈夫です。
また、下記のようにアイスクリームを加えてもひんやりしておいしいです。

コーヒーゼリーオンアイス エスプレッソソースがけ

余ったソースはフレンチトーストやプリンなどにかけても相性抜群です!
※エスプレッソソースは日持ちはしますが、ゼリーの方は冷蔵庫で保存して2~3日中に召し上がってください。


豆について
最後に、使用するお豆のアドバイスを。
豆はとくに品質の良い豆を使う必要はありません。
好みの味ではなかったり、大量に買い込み使い切れずに古くなってしまったお豆でも十分です。
ただ、苦みを効かせるために、深入りのお豆を使うことをおすすめします。



【K倉庫直送】森永 クックゼラチン 30g(5g×6袋)




最後までご覧いただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります!!
   ↓↓
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

2017/05/06(土) | おやつ | トラックバック(-) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
 |  HOME  |